塾の経営を夢みているならコチラを一読しておこう

レディ

開院するのに必要な手順

大阪で歯科を開業する場合、さまざまな準備や手続きが必要です。まずはどんな歯科にしたいかを考え、立地を決め、資金調達の見積もりをします。スタッフが動きやすい動線、患者さんが快適に過ごせる内装を考え、機材や設備を決定します。スタッフの採用や開業届の提出、患者を集めるための内覧会を開催します。

アメニティ

消耗品を用意する

アメニティグッズを手に入れるには、専門業者から仕入れるのが一般的な方法です。専門業者であれば多くの種類のアメニティグッズを取り扱っていますし、数量を多くして購入する代わりに価格も安いので費用を抑えて揃えることができます。

クレジットカード

経営者の経費管理

クレジットカード決済は経営者の経費管理においてメリットがあり、一社は契約しておいても損はないでしょう。法人のクレジットカード契約には、個人で契約するよりも審査基準が厳しめの所もあるため注意が必要です。

対象年齢と科目を設定

勉強

講師の質も大切

学生を対象とする塾を独立開業する際、経営方法にはいくつかのポイントがあります。まず、立地や塾の規模に合わせて、生徒の対象となる年齢を設定する事が必要です。対象とする生徒は小学生、中学生、高校生と、進学の節目を迎える年齢に区切る事が一般的です。選び方のコツとしては、例えば近隣に小学校がいくつか存在する地域で塾を経営するのであれば、当然小学生を対象とする事で生徒を安定して獲得出来ます。また、駅が近ければ通学の帰りに立ち寄れるような高校生を対象としても良いでしょう。次に、塾で行う授業の科目を設定します。これも経営面で非常に大切なポイントで、特定の科目に特化するか、対象となる年齢に対して、全ての受験科目を教えるかの2パターンから選びましょう。いずれもメリットとデメリットが存在し、特定の科目に絞る場合、獲得出来る生徒数は少ないものの、数人の講師で授業を展開出来るため、人件費が低く済みます。一方、全ての受験科目を教える場合は、生徒は集まりやすいといえますが、講師もそれなりの人数が必要となるので、人件費は多くなりがちです。その塾の目指すべき経営方針を良く考慮して設定しましょう。最後に、講師のホスピタリティを忘れてはなりません。生徒に対して情熱を持って接し、苦楽を共にする姿勢が大切です。また、生徒の親と上手に付き合える講師が集まると、自然とその地域での評判は高まります。このように、授業の質以外の部分で、いかにして差をつけられるかも、塾の経営では重要なのです。